【徹底比較】ベビーグッズは購入よりレンタルがお得・おすすめショップ3選【育児】

育児

初めて生まれた赤ちゃんには、新しいものを与えてあげたいのが思いますが親心ですよね。私も3人の娘がいますが、ベビーカー、ベビーベッド、おもちゃ、小さな服などたくさん購入しました。
ただ、最近考えるのは、「子供のためにお金を使う」のではなく、「子供のためにお金を残す」といった考え方も重要だということ。

特に小さな子供の育児用品は、特定の時期しか使えず、かつ高額なものが多いですよね。
下の子供がいればお下がりとして与えることもできますが、その下の子供が使えるのも短い期間だけ。

そこで、今回は、ベビーグッズのサブスク ・レンタルがおすすめな理由とおすすめのサービスをご紹介します!私も実際に利用した、利用しているサービスもありますので参考になれば幸いです。

この記事でわかること

*ベビーグッズのレンタルがお得な理由
*ベビーグッズの使用期間はどのくらい?
*新品・中古、みんなどうしてるの?
*おすすめなレンタルショップ3選!

ベビーグッズのレンタルがお得な理由

「購入」と「サブスク ・レンタル」を比較したとき、「サブスク ・レンタル」の方がお得な場合の条件があります。

それは「レンタルする商品の使用期間が短い」ことです。

ということでさっそくですが、ベビーグッズのレンタルがお得な理由は以下のとおり。

ベビーグッズのレンタルがお得な理由

*使用期間が短い商品は「購入」より「レンタル」の方がお得。そして、育児用品は総じて使用期間が短いから

では、本当に「使用期間が短い場合、購入よりレンタルの方が安くなる」のでしょうか。

家具・家電で「購入」・「サブスク ・レンタル」どちらがお得か検証

これについては、実際に家電・家具を例に検証してみましたので結果をご覧ください。
使用期間が1年間以下のものはレンタルの方が安いことが多いと思われます。

商品利用期間
(レンタル期間)
金額差額
購入サブスク ・レンタル
水中カメラ3泊4日24,800円2,980円21,830円(レンタルがお得)
ソファー(中期)1年間67,780円55,000円12,780円(レンタルがお得)
ソファー(長期)2年間67,780円96,800円29,020円(購入がお得)

※以下の記事で、レンタル家電・家具の「購入・サブスクの金額比較」を行っています。

では、ベビーグッズはどうなのでしょうか。

ベビーグッズの使用期間

ベビーグッズと言っても多岐に渡ります。

ここでは代表的なベビーグッズの使用期間をみてみましょう。
メーカーが使用可能な期間をうたっているものから、服など親の感覚で買い換えるものまで様々ですので、「概ね」の数字であることをご理解ください。

商品使用する時期期間備考
ベビーカー生後1か月~4歳48か月間a型、b型などのタイプがあり
それによって期間が異なる
ベビーベッドスタンダードタイプ 生後〜2歳
ミニタイプ 生後〜4か月
レギュラータイプ 4か月間
ミニタイプ 4か月間
レギュラータイプ 長さ120cm×幅70cm
ミニタイプ 長さ90cm×幅60cm
チャイルドシート生後1か月〜3歳35か月間6歳未満の乗車はチャイルドシート(もしくは
ジュニアシート)の利用義務あり
ジュニアシート4歳〜8歳60か月間6歳未満の乗車はチャイルドシート(もしくは
ジュニアシート)の利用義務あり
常時6か月(夏服を夏から翌年の夏まで
着れるとした場合の3か月+3か月)
おもちゃ常時子供が飽きるまで
絵本常時子供が飽きるまで月齢に合わせた本を読み
聞かせるのが好ましい
このことからわかること

*使用期間が長いベビーカーは購入した方がお得かも
*ベビーベッドは使用期間が短いため、レンタルした方がお得な可能性大
*服、おもちゃ、絵本は子供の月齢によってすぐに必要なものが変わる

新品・中古、みんなどうしてるの?

少し古いデータですが、平成23年に東京都が「ベビーベッドのレンタル・リサイクル品の安全に関する調査」という調査を実施、1032人にアンケートを行っています。その中に以下のような質問がありました。

質問

主なベビー用品について、新品、レンタル、リサイクル品、その他の中で、使用しているもの(していたもの)は?

結果は以下のようにまとめられています。

ベビーベッドのレンタル・リサイクル品の
安全に関する調査 平成 23 年 6 月
このことからわかること

*ベビーベットは、4人に1人がレンタル品を利用している。
*ベビーカー、チャイルドシート、ハイチェアは、新品を購入している人が多い。
*「レンタル品」、「リサイクル品」、「その他」を合わせると、ベビーベッド、チャイルドシート、ハイチェアでそれぞれ「新品購入」を上回り、中古を利用している人が多い。

子供には新しいものを与えたいのが親の心情ではありますが、みなさんある程度合理的に考え、購入・レンタルなどを選択していることが伺えます。
かく言う私も、チャイルドシートはリサイクル品、ベビーベットは利用しませんでした。

【ベビーグッズ】おすすめレンタルショップ・3選!

ここまでご説明したとおり、ベビーグッズは使用期間が短く、レンタルを利用した方がお得なものがたくさんあります。

ここからは、おすすめのレンタルサービスをご紹介します。

レンタルショップの比較

紹介するのは3つのレンタルショップです。それぞれに特徴がありますので、自分にあったサービスを選択したいですね。

各サービスのご案内の前に、参考に同一商品をレンタルした場合の比較表を作成しましたので参考にご覧ください。

比較商品

メーカー:コンビ
商  品:ホワイトレーベル ネムリラ AUTO SWING BEDi おやすみドーム EG

「一番安いサービス」「安心な保証があるサービス」など、利用者によって利用したいサービスは違うかと思います。

そのため、この表だけでなく各サービスサイトで詳細をご覧いただき、それぞれの長所をみつけてください。

ショップ名ベビレンタ
かしてネットナイスベビー
1か月(本体代)7,700円7,700円26,950円
6か月(本体代)24,200円27,720円32,450円
送料4,600円(北海道)
〜2,600円(関東)
4,000円〜10,000円
(送料は仮予約後、店舗確認)
1,900円〜2,900円
(配送エリアによる)
保証オプション1か月1,650円
6か月5,610円
動産保険に無料加入無料加入
特徴【今だけ】6,000円以上
レンタルで5%off
全国に68の店舗があり、
そこに直接取りにいけば送料無料
関東の一部地域であれば、
無料で営業スタッフが配送

ベビレンタ

ベビーグッズのレンタルサービスはたくさんありますが、業界最安値をうたっているのがこちらベビレンタです。
ベビーベッドやチャイルドシートなど、長く利用するものから旅行の時に少しだけ利用したいといったものは1週間から借りることができます。

◆おすすめポイント
・実際に他のサービスより料金が安い(サイト内に業界内調査最安値価格との料金比較がある)
・在庫の有無をWebサイト上で確認できる
・元保育士・あかちゃんのプロが運営
・レンタルの延長が可能
・レンタル品の購入が可能
・保証サービスあり

◆返金保証キャンペーン
3か月以上のレンタルの場合、レンタル開始から3日以内に申し出れば商品を返却し、返金を受けることができます(商品の往復送料のみ負担する必要あり)
借りた商品が「思った感じと違う」ということは、往々にしてあるかと思いますので大変ありがたいサービスです。

ポイント

◆配送料:サイトに記載あり。商品代とは別途発生
◆対応エリア:沖縄・離島を除く日本国内
◆レンタル期間:1週間から
◆メンテナンス:
・メンテナンス専門のスタッフが安全面や機能に問題がないかチェックのうえ、洗浄・除菌・滅菌消毒を実施
◆故障・紛失 :
・破損の場合は利用者負担で修理するか、商品を購入する、または、別途修理代および紛失料を支払う
・通常利用範囲内の使用においてのキズ、汚れについては負担不要

かしてネット

ダスキンが運営するレンタルサービス、かしてネット。ダスキンと言えば清掃のイメージがありますが、レンタル事業として「ダスキンレントオール」というサービスを全国的に行っています。そのため、店舗も全国展開おり、ベビーグッズもお得に借りることができるようになっています

◆おすすめポイント
・店舗に直接取りに行けば送料がかからない。店舗は全国68箇所
・1年前から予約可能
・最短1日から予約可能(商品による。そうでないものは9泊10日〜が中心)
・9泊10日までなら、基本料金が10%OFF
・レンタルの延長が可能

◆全国に68ある実店舗に取りに行けば送料無料
・「取りに行けば送料無料」と言うとあたりまえのような気もしますが、「商品の直接受け渡し」を行っているショップが少ないので大変ありがたいサービスです。一般的に中・大型のベビーグッズは概ね2,000円〜5,000円程度の送料が必要ですが、ご自身で店舗まで取りに行けるのであればその費用がかかりません。

ポイント

◆配送料:商品代とは別途発生。実店舗に直接商品を取りに行けば送料無料
◆対応エリア:日本国内
◆レンタル期間:1日から(商品による。そうでないものは9泊10日〜が中心)
◆メンテナンス:
・「かしてネット」はダスキン運営のサービス。ダスキンならではの掃除ノウハウを活かしてプロが洗浄・除菌
◆故障・紛失 :
・不注意による破損・紛失は、利用者負担。ただしレンタル動産保険による保険に自動加入する、保険適用時には免責金額のみ利用者負担
・通常利用範囲内の使用においてのキズ、汚れについては負担不要

ナイスベビー

ナイスベビーは、レンタルだけでなくショッピングにも力をいれており、レンタルとショッピングを併用したときに割引を行うなど、ありがたいサービスを行っています。「ベビーベッドはレンタル」し、「お布団は購入」するとお布団の値段を大幅割引!といった具合。
自分にあった割引商品がないか、ぜひ探してみましょう!

◆おすすめポイント
・新品の借用が可能(追加料金あり)
・在庫の有無をWebサイト上で確認できる。また、欠品中と表示されている商品も電話ご予約できる
・天候等の理由で利用できなかった場合は、返却日の変更が可能(お宮参り衣装など)
・レンタルの延長が可能
・レンタル品の購入が可能
・無料の保証サービスあり

◆関東の一部地域は送料無料(ナイスベビー便)
関東の一部地域では営業スタッフによる自社配達便(ナイスベビー便)が利用できます。

<ナイスベビー便>
・東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県の一部が対象
・合計金額が8,001円以上(税抜)で送料無料
・3つの無料サービスを受けることができる
 ①レンタル品の組み立て・設置、②使用方法の説明、③返却時の解体・梱包

ポイント

◆配送料:商品代とは別途発生。東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県の一部は、合計金額が8,001円以上(税抜)で送料無料のナイスベビー便が利用可能
◆対応エリア:沖縄・離島を除く日本国内
◆レンタル期間:2週間から
◆メンテナンス:
・メンテナンス専門のスタッフが商品をチェック、洗浄し、また、オゾン水で滅菌消毒を実施
◆故障・紛失 :
・レンタル安心サポート(ナイスベビー無料保証サービス)があるため、連絡すれば無料で取り替えてくれる
・往復送料は利用者負担。部品、説明書等の紛失の場合は実費を利用者負担

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回紹介させていただいた3つのショップ、それぞれの特色がわかっていただけたでしょうか。
とにかく価格が安い、多少高くても利用者に寄り添ったサービス、などなど。

ご自分にあったサービスを利用してお得に、満足できる選択ができるように祈っています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました