パパをガッツリ育児に関わらせるには!子供が産まれたことで、パパは何を考えるのか。

日記

 ワーク・ライフ・バランスや働き方改革の目的は、少しずづではありますが各職場に影響を与えています。当然職場でのパパの働きかたが変われば、家庭でのパパの役割にも影響します。
 子供が産まれれば、家庭はバタバタと慌ただしくなりママは大忙しでストレスで一杯です。そこでパパの登場!となるのか、それとも…

パパの思考

 子供が産まれることで、パパの中で何が起こるのでしょうか。多くのパパの中で起こりうることをまとめてみました。

パパの混乱 家庭と世間の板挟み

 別の記事にも書きましたが、パパは性的役割意識(男として何をなすべきか)の中で、家庭と仕事を天秤にかけるはずです。この二つは別世界にあり、同時にこなせないことが一般的なため、パパはどちらかを選択しなければなりません。

 今の世の中、働き方改革が進められていることを肌で感じているパパは、少なくないのではないのでしょうか。「育児休暇が取りやすくなった!」「年休が取りやすくなった!」など。内閣府の報告によると育児休暇の取得率は年々極わずかながら上昇しています。
 しかし、労働力人口が減少し続ける中で、職員一人当たりの業務量を大きく減らすには至っていないのも現状です。
 つまり、パパたちは「イクメンになるために育休や時間給はとって!でも、仕事量は変わらないからやることはやってね!」と社会から言われている状況なわけです。やってられるか!

パパの混乱 何すればいいの? 

 筆者にも経験がありますが、生まれたての赤ちゃん(乳児期)は、ママとの触れ合いが最も大切。と言うかこのこの時期にパパができのは「ママのサポート」程度であり直接子供のためにできることは多くありません。(家事はたくさんありますが。)

 ここでパパは混乱してしまいます。「あれ?イクメンになろうと思ったのに何もできなくね?」(家事はたくさんありますが。)では、育児におけるパパの役割とは、一体何なのでしょうか?

 古くから「子供は家庭の中で父親を通して、安全に世の中の厳しさを学ぶ」と言われているそうです。
 この言葉からもわかるように、子供は、安全な家庭の中でパパから社会を学ぶ、のです。遠回しになりましたが、授乳期におけるパパの役割は一般的に少なく、子供が幼児期に入った頃からパパの役割は増していきます。

 と言うことで、混乱しているパパ、授乳期は、家事とママのストレス解消に尽力しましょう。(家事はたくさんあります。)

パパの混乱 天秤はどちらに

 世間(会社)からは「業務量は減らせない」と言われ、でも家庭からは「子供生まれて家の仕事が増えたから」育児、家事を期待されます。

 この世間と家庭から求められるダブルスタンダードの中で、パパは混乱するわけです。
 どっちに力を傾ければいいかわからない。

 ここから先は、各パパ、各家庭の判断に委ねられるわけですが、筆者は、育児休暇を取得することを選択しました。理由は、今しかできないから。でした。随分自分本位な理由ですが、出産前から職場にも家庭にも伝えてありましたので、職場にはガッツリ引継書を作り、家庭には「育児、家事頑張るよ」、と宣言してポイントを稼いでいました。笑

育児か仕事かは、パパしか選択できない

 仕事の状況と家庭の状況を両方とも理解し、両方に主張できる人間は、世の中で働いているパパしかいないでしょう。どちらに転ぶにしろ、転ばなかった側にはなんらかの理由を主張して納得させるか、決別するか(まずいか)しかありません。

 世の中には、まだ育児休暇をとることをきっかけに、関係ない理由を設けて退職に追い込むような職場が多くあります。(育児休暇の取得を直接の原因とした解雇は法的に認められていません。)
 パパが「育児に主体的に関わりたいから」と言って育児休暇を申請することを、または、早く帰宅することを、理解してくれる上司がいる会社も少ないでしょう。

 この状況で、鋼の意思を持って、今後育児と仕事、どちらを中心に生活していくかを選択、決定しなければなりません。

ママができること

 概ね働くパパの状況が掴めたところで、ママには何ができるのでしょうか。

 正直な考えをお伝えすると、ママができるのは、
  パパに本心を伝えること。
 しかないのではないでしょうか。

「一緒に子供の成長を見守ってほしい」
「職場の状況から、今は抜け出せないなら、少し早く帰る努力だけでもしてほしい」
「仕事が重要ならそっちを優先してもらって構わない。でも遊んだりしてあげてほしい」など。
 要望にも近いかもしれません。

 よほどだらし無いパパをのぞいて、多くの働くパパは、家庭を大切にしたいと考えていると思います。できれば仕事なんかやめて、家庭に飛び込みたいことでしょう。

 ↑がパパの本音だとしたら、パパとママの本音で話し合い、二人の思いを確認した上で、二人が相手のために妥協し、育児の方針を決めていきましょう。
 何も話し合わないと、家庭の雰囲気が悪くなります。(友人談)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました